Home 協会のご案内

協会のご案内

会長のご挨拶

 建設業は、常に地域の特性に応じた個性豊かな街づくりや災害に強い地域づくり、近年とみに多発している自然災害の防止・復旧の為に微力を捧げてきました。
 各関係行政機関等との間で取り交わしました災害時における「応急対策業務協定」に基づき、いざと言う時に地元建設企業として率先して応急復旧工事にあたるなど、地域佳民が安心して生活できる安全確保への使命を再確認しているところであります。
 近年は、異常気象の影響により想定外と言われるほどの大規模な災害が日本列島各所で多発しており、いつ何時この中遠地域を襲うかもしれない事態に備えて、常日頃からの訓練を通じて迅速な出動と的確な処置対応が実施できるよう努めているところであります。
 また一方では、労働環境の整備や社会保険加入の促進など、国からの建設業に対する変革を促す各種施策の推進により、建設業への若者の関心が高まると共に、技術職・技能職としての女性の活躍も広がっております。
 そして、長時間労働の禁止や週休2日などの「働き方改革」にも積極的に取組み、技術・技能に優れた担い手を確保育成し、その結果良質な建設サービスを提供する事により、多くの市民に理解と信頼を得ることが出来ると思います。
 平成から令和に元号が変わったこの時期に、3Kのイメージも「キツイ」「汚い」「危険」から夢ある新3K「給与」「休日」「希望」の職場に刷新し、次世代の担い手が「魅力ある建設業」の構築に務めると共に、管内市町の社会・経済の成長と発展のために未来への責任を果たしてまいります。
 第4次産業革命と称される技術革新の令和時代において、変化する社会の要請に的確に応えるため、新技術の積極的な導入により安全性・省力性・正確性に優れた施工を実現するなど、一層の研鎮に努めると共に、安心・安全な社会基盤、生活基盤の確保のために更に信頼される建設業を目指してまい進してまいります。
 今後とも、皆様方の一層のご理解・ご支援のほどをよろしく御願い致します。

2019年7月吉日
一般社団法人 袋井建設業協会
会長 鈴木 和男

協会概要

  • 袋井建設業協会外観1
  • 袋井建設業協会外観2
  • 袋井建設業協会室内1
一般社団法人 袋井建設業協会

名称 一般社団法人 袋井建設業協会
所在地 〒437-0024 静岡県袋井市三門町11番地の12
TEL 0538-42-4338
FAX 0538-42-4330
設立年月日 昭和41年12月16日 静岡県知事設立認可
(民法第34条に基づく公益法人)
会員数 55社
役員数 理事16人 監事3人
所管区域 磐田市、掛川市、袋井市、御前崎市、菊川市、周智郡森町(5市1町)

■事業内容

(1) 建設工事請負契約の規正、技術者の設置等の指導
(2) 建設技術の進歩改善に関する研修会、講習会等の開催
(3) 建設業に関する諸法令の説明会、講習会等の開催及び実務指導
(4) 道路河川愛護運動等に関する協力
(5) 労働災害防止に関する事業の実施
(6) 建設業に従事する労務者等に対する福利厚生事業の実施
(7) 各関係官公署又は団体との連絡交渉
(8) その他この会の目的を達成するために必要と認めた事業

令和2年度事業計画

く重点項目>

Ⅰ 良質な品質の確保と経営基盤の強化に向けた調査研究・研修事業の実施
地域社会からの信頼と技術力の向上を目指し、新技術への対応や導入、ICT活用等による施工能力の向上を図るとともに、国、県等発注機関への提案や要望・要請活動を積極的に推進する。併せて、法令遵守の徹底を図る。
1 関係機関との意見交換会の開催
公共事業発注者への提案や意見・要望等を伝える場となる意見交換会を通じて、受注環境の改善や発注条件等の見直しを求めるほか、改正「品確法」等に基づく適正且つ効率的な公共事業の推進に寄与する。
2 IT講習会の開催
建設現場での生産性の向上とICT活用工事の拡大に対応した専門的知識・技術の習得及び人材の育成等に取り組むとともに、業務の効率化・迅速化を目的としたWord・Excelの再教育のための講習会を実施する。
3 研修会・講習会の開催と各種研修会等への参加促進
建設関連の知識と技術の習得を通じて、高品質で確実な施工管理と技術者のスキルアップを図る。

Ⅱ 地域社会の健全な発展に寄与する活動の展開
広報誌の発行や現場研修・現場見学会の開催等を通じて、社会基盤整備の担い手であると同時に、災害時での迅速な対応など、地域の安全・安心の担い手としての建設業の役割・姿を情報発信し、建設業への理解と雇用の確保に努める。
また、道路・河川等での美化活動のほか、献血活動の実施など、社会貢献活動に積極的に取り組み、地域社会の健全な発展に寄与する。
1 児童・学生の就業意識の醸成のための体験活動の実施
高校生等を対象として実施しているインターンシップの情報発信を充実するとともに、建設現場見学会及び小・中学生を対象とした親子現場見学会の実施を通じて、建設業への理解を深めるとともに、若年入職者の確保と地域建設業への就業意識の醸成を図る。
2 広報誌発行による健全な建設業のPR活動の展開
協会活動等の情報発信により、建設業の魅力や「ものづくり」の素晴らしさ、地域経済における重要性及び社会的使命等を広くPRし、建設業への理解の深化と担い手の確保に努める。
3 地域環境の保全・保護及び危険個所の早期発見による事故の未然防止等
各地区組合員と連携し、道路・河川等における除草・清掃作業等を実施するとともに、地域の安全確保を図るため、災害や事故発生が懸念される危険個所を関係機関に情報提供し早期の安全対策を促すほか、献血活動を継続実施するなど、地域社会の一員として社会貢献活動を展開する。

Ⅲ 災害時における的確な対応と労働災害防止対策等の推進
地域の安全・安心の担い手として、国、県等関係機関と締結している災害協定に基づく応急対策業務等に、迅速且つ的確に対応出来る体制を整備するとともに、知識・技術の習得に向けた取り組みを積極的に推進する。
また、他の産業に比べ多く発生している労働災害の未然防止を図るため、建災防袋井分会と連携し、各種の安全講習会開催や建設現場安全パトロールの実施を通じて、工事現場における安全対策と安全管理の徹底を図るとともに、職場における安全意識の醸成や安全対策の実施に係る指導・助言を実施する。
1 災害協定締結機関との連携と災害協定に基づく支援活動への的確な対応
関係機関等が実施する防災訓練や講習会・研修会等に積極的に参加・参画し、災害協定に基づく支援活動を迅速・的確に対応出来る体制を整備する。
また、自主的に研修等の場を設けるなど、応急対策活動等に必要な知識や技術の習得に努める。
なお、家畜伝染病にあっては、関係機関等と連携して防疫対応に係る行動計画を策定するなど、事前対応・準備に取り組む。
2 労働災害防止に向けた取り組み
本県建設業における平成31年(令和元年)の労働災害死亡者数は2人で、昨年の11人と比べ大きく減少したところであるが、その原因を見ると依然として機械操作や墜落・転落に起因するものとなっている。
当協会内では、死亡事故は発生していないものの、合図確認の未実施、安全管理の不徹底など、人的ミスによる重傷事故が発生している。
このため、引き続き、安全大会や各種安全関係講習会の開催のほか、関係機関との合同による安全パトロールの実施などを通じて、工事現場等での安全意識・安全管理の徹底を図り、労働災害の未然防止に取り組む。

く主要事業>
1 総務委員会(労務委員会併設)
・総会、理事会事案に関する事項
・経営者研修会、会員研修及び新年のつどいの開催
・役員改選に関する事項
・表彰
・褒章等候補者の推薦
・コンプライアンスの徹底
・啓発
・職業安定機関、教育機関等との連携による担い手確保等
・福利厚生事業(ボウリング大会等)の実施
・静岡理工科大学との交流
・連携
・献血活動の実施
・監理技術者講習の開催

2 安全委員会(建災防静岡県支部袋井分会と一体)
・安全大会の開催
・安全研修会の開催
・安全パトロールの実施
・各種安全関係講習会の開催
・広報誌「つちおと」による安全啓発の実施
・安全祈願祭の実施
・安全ビデオ、DVD 等による安全教育の実施
・その他、労働災害防止対策等の情報提供

3 広報委員会
・広報誌「つちおと」の発行(年3回「4月・8月・12月」)
・HP等情報媒体を活用した建設業のPR及び会員への各種情報提供
・新技術、特殊工法等の取材研修の実施

4 技術委員会
4一1土木部会(技士会と連携)
・入札契約制度の調査研究及び適正運用等への要望等の実施
・親子現場見学会、技術発表会、技術者講習会等の開催(技士会と共催)
・静岡県交通基盤部技術研修会、農地技術研究発表会等への参加による技術習得及び技術向上
・公共工事発注者との意見交換会における意見・要望等の確認
・生コンクリート品質管理監査工場立入検査に係る立ち会い
・静岡県建設業協会もの創り大賞(土木部門)の審査
・土木関連技術等の情報収集及び情報提供等の実施
4一2建築部会
・静岡県建設業協会もの創り大賞(建築部門ンの審査
・建築関連技術等の情報収集及び情報提供等の実施
・静岡理工科大学との交流支援
4一3IT対策部会
・IT講習会の開催
・Word・Excel講習会の開催
・最新ICT技術の情報収集及び情報提供等の実施
・災害時安否確認システム「安否コール」の運用支援

5 環境・災害対策委員会
(1)災害協定関係
・各協定に基づく応急対策業務等に関する研修会・講習会の開催等
(道路啓開、家畜伝染病、洪水・堤防決壊等)
・家畜伝染病に係る防疫対応行動計画の策定
・会員間の災害等緊急時における情報伝達手段の検討
・レンタル資機材に係る協定業者との連絡会等の開催
・各災害協定に基づく災害応急対策協力事業者名簿等の報告
・緊急通行車両事前届出の更新等手続きの実施
(2)防災訓練関係
・国、県等が実施する防災訓練等への参加・参画
・家畜伝染病(鳥インフルエンザ・豚コレラ)防疫訓練オ.御前崎港管理事務所・地震対策オペレーション2021に係る情報共有訓練カ.静岡県建設業協会
・県下一斉情報伝達訓練・地震対策オペレーション2021に係るあっせん・応諾訓練
(3)防災意識の啓発及び防災体制の強化
・袋井建設業協会防災組織の設置
・各協定に基づく応急対策業務等に関する研修会
・講習会の開催等(再掲)
・レンタル資機材に係る協定業者との連絡会等の開催(再掲)
・会員への各種防災関連講習会等の情報提供及び参加要請
・災害時安否確認システム「安否コール」の運用(袋井地区建設事業協同組合と共同)
・会員間の災害等緊急時における情報伝達手段の検討(再掲)
・BCP(事業継続計画)の策定、普及促進
(4)環境、安全対策関係
・道路愛護
・河川美化運動等の実施
・危険箇所等の把握と関係機関への情報提供


組織図

組織図